ガイシューイッショク!の17話ネタバレと感想【みちるが石井と騎乗位!?そのとき広海は・・・】

ガイシューイッショク!

作者:色白好(しきしろこのみ)

 

 

こんにちは。

みやっちです。

 

ガイシューイッショク!2巻17話目になります。

 

 

前回の16話では、新たなキャラクターで

 

今後の重要人物となりそうなみちるの担当編集・石井が登場しました。

 

 

これまで、

 

彼女が自分以外の男と会話する場面を見たことが無かった広海は

 

 

仕事上とはいえ、みちると一緒の時間を過ごす石井に対して嫉妬するのです。

 

 

そろそろ広海とみちるだけのストーリーに物足りなさを感じていた僕にとっても

 

みちると親しい石井の登場は、

 

 

新たな展開をもたらしてくれそうなので大歓迎ですね♪

 

 

広海の立場からしてみれば、

 

これまで何だかんだ彼女と同居生活を送ってきたので、

 

 

石井に対して、どこか譲れないプライドもあるのではないでしょうか・・・

 

 

この石井の存在が広海にどういった影響を与えてくれるのか、

 

ますます楽しみな展開になってきましたね♪

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!の17話ネタバレ

ここからガイシューイッショク!2巻17話のネタバレになります。

 

前回の16話を読んでいない方はこちらから見ることができます>>>

 

 

男同士の騎乗位プレイ♪

いつの間にかみちるの部屋に出入りするようになった石井

 

2人の間では当たり前のような感覚ですが、

 

やはりここでも広海は置いてきぼり状態・・・

 

 

そんな中で、漫画のワンシーンを描くために

 

「騎乗位してほしい」とみちるから要求される広海。

 

 

2人だけで楽しそうに過ごしてる姿を見て

 

すっかりふて腐れてしまった広海は、

 

 

「みちると石井さんで騎乗位すればいいんじゃないの?」

 

と、まさかの逆提案を持ちかけます。

 

 

思わず「えっ・・・」と固まるみちる。

 

 

その反応は一体何なんだ・・・??

 

 

私は全然かまわないですけど、とニヤリ笑う石井。

 

 

窮地に追い込まれたみちるは

 

これまでの勝負での借りをチャラにするからと、

 

 

無理やり広海に石井との騎乗位をさせるのです。

 

 

担当編集として作家が良い作品を描くためなら!!

 

石井は、まるでセッ〇スの本番さながらな名演技を披露します!

 

 

彼の演技にみちるの手もサクサク動いていきますが、

 

 

この状況をまるで呑み込めない広海は

 

石井に跨れながら死んだ魚のような目で放心状態でした。

 

 

何なんだ・・・この状況は(笑)

 

みちると石井の関係に妬いてしまう広海

作品の下書きをみちるが描き終えたところで石井は帰ります。

 

 

やはり彼とみちるの距離感がどうしても気になる広海は、

 

石井との関係について彼女に訪ねます。

 

 

するとみちるの口から楽しそうに語られる石井の話。

 

 

普段は冷たい性格だが、漫画を描くときは好きなようにさせてくれると

 

石井の事について話すみちるを見た広海は

 

 

徐々に劣等感を抱いてしまいます。

 

 

明らかにみちるを意識しての思いでしょうね。

 

 

漫画のことだけでなく、男として石井に劣っていると感じてしまう広海に

 

 

みちるは毎週恒例の感じたら負けバトルを持ちかけてきます。

 

 

「ついさっきまで石井の事について喋ってたのに・・・」

 

 

自身の気持ちに戸惑いが隠せない広海は

 

 

「今日は勝負しない」

 

 

と勝負の申し出を断ります。

 

 

毎週勝負しようと言ったのはそっちだろ!

 

と彼女に言い返されてしまいますが、

 

 

「俺とどうしてもヤリたい」のであれば勝負を引き受けてやる!

 

と、広海はあくまで強気です。

 

 

しばらく沈黙した後、

 

みちるの携帯がヴーヴー鳴り出します。

 

電話する彼女の背後から忍び寄る影・・・

 

 

感想

 

 

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!2巻18話ネタバレに続きます>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です