ガイシューイッショク!の6話ネタバレと感想【欲求不満!? 俺のモノを見せろと要求してくるみちる】

ガイシューイッショク!

作者:色白好(しきしろこのみ)

 

 

こんにちは。

みやっちです。

 

ガイシューイッショク!の1巻6話目になります。

 

 

前回の5話ではみちるに大きな変化が見られましたね。

 

これまでは広海のことを散々見下してきた彼女ですが、

 

 

例の一件以来、彼に対する見方が少しは変わったのでしょうか?

 

 

久しぶりにみちるの女の子らしい部分が出てるような気がしました♪

 

 

今回の6話ではみちるが広海に対して、また無茶な要求をするみたいですね。

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!の6話ネタバレ

ここからガイシューイッショク!の6話ネタバレになります。

 

前回の5話を読んでない方はこちらから見ることができます>>>

 

ルール違反のペナルティ

みちるの胸を揉みし抱こうと伸ばした両手

 

それを寸前のところで引っ込めた広海は彼女に告白します。

 

「実は前回の勝負のとき、すでに勃起してたんだ」

 

まさかの告白に言葉を失うみちるでしたが、

 

次の瞬間、その顔は怒りの形相に変わっていました。

 

ここでも広海の真面目さが仇になってしまいます(笑)

 

 

まったく弁明を聞き入れてもらえずに、

 

「ルール違反のペナルティだ」

 

 

とみちるは広海を指差します。

 

 

「ぺ・・・ペナルティ!?」

 

 

何をさせられるのか全く想像できない広海に

 

みちるは

 

 

「お前のち〇こを見せろ。」と要求します。

 

 

全く言葉の意味が理解出来てない様子の広海でしたが、

 

みちるの顔は一切の妥協が無く本気モードです!!!

 

 

時間が経てば諦めてくれるのでは??と咄嗟に考えますが、

 

 

みちるは全く譲る気配がありません。

 

 

覚悟を決めた広海は両手をズボンにあて、

 

彼女の目の前で下半身をさらけ出そうとします。

 

 

すると、なぜか立ち上がったみちる

 

 

キッチンに向かい、

 

戻ってきたその手には何故かコップが握られていました。

 

 

「この中にあんたの精子を出して・・・」

 

 

ますますヒートアップするみちるのリクエストに困惑する広海。

 

修羅場に鳴る一本の電話

絶体絶命の状況に追い込まれた広海

 

ち〇こを見せるだけならまだしも、

 

 

コップの中に射〇する瞬間まで見られてしまうなんて・・・

 

 

勝負に負ける以上の屈辱です!!

 

 

そんな広海をあざ笑うかのように

 

ニコッと笑いながらズボンを下げようとするみちる

 

 

万事休す!!

 

 

そう思われていたときに広海の電話がヴーヴー鳴り出します。

 

 

バッと電話を手に取り、

 

「急な仕事ができた!!」と

 

 

睨みつけるみちるを置いて広海は部屋から脱出します。

 

 

電話の主は友人からでしたが、

 

広海はとっさの判断で職場からの電話だと芝居をしていたのです。

 

 

ひとまず最悪な状況から抜け出すことができた広海ですが、

 

 

友人に遠回しながらみちるの事を話すと

 

 

「それって欲求不満なんじゃねえの?」

 

 

とまさかの答えが返ってきます。

 

 

予想もしてなかった言葉に顔を赤くする広海、

 

結局明け方になるまで飲んだ後、

 

みちるの待つ部屋にこそっと帰宅します。

 

 

ふと彼女の部屋を覗くと、せっせと漫画を書いていました。

 

その姿を見てみちるの事を見直した広海でしたが、

 

 

彼女が捨てた原稿の一部を見たときに、

 

背すじがゾッと凍ってしまいます。

 

寝ている隙にみちるの漫画を読む広海

一日中その原稿の内容が頭から離れなかった広海は

 

帰宅してからみちるの部屋に直行!!

 

 

そこには原稿を書いてて疲れたのか、

 

仕事に行く前に見たときの光景がそのまま広がっていました。

 

 

「まさか・・・あれからずっと描きつづけていたのか?」

 

 

そして、仕事前にチラッと見てしまった彼女の描く漫画の詳細を確かめるべく、

 

机の上にあった原稿を手に取ります。

 

 

そこに描かれていたのは卑猥なエロ漫画のワンシーンでした・・・

 

「や・・・やばいものを見てしまった・・・」

 

 

動揺する広海でしたが、その直後にみちるの手がズボンに伸びてきます。

 

「なっ!!??」

 

 

凄い形相で広海を睨みつけるみちる・・・

 

 

「続き・・・やるぞ・・・」

 

 

と、コップを指差し広海に命令するのでした。

 

感想

今回は広海の真面目さが引き金となり、

 

男としても屈辱的な要求を、みちるから突きつけられるのでした。

 

 

一難去ってまた一難・・・

 

つくづく、広海は損してるなぁと読みながら思ってしまいますが、

 

 

みちるの描くエロ漫画を見てしまった広海が彼女に言い放った一言で、

 

 

事態はますます面白い展開を迎えることになります!!

 

 

次の7話も楽しめそうな展開ですね♪

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!1巻7話ネタバレに続きます>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です