ガイシューイッショク!の3話ネタバレと感想【みちるに俺の恐さを思い知らせてやる!】

ガイシューイッショク!

作者:色白好(しきしろこのみ)

 

 

こんにちは。

みやっちです。

 

ガイシューイッショク!の1巻3話目になります。

 

 

前回の2話では共同生活を始めて分かったみちるの性格、行動が徐々に明らかになってきました。

 

そしてこの漫画の名物ともいえる感じたら負けの10分間バトルがついに勃発!!

 

 

負けたら勝ったほうの要求を何でも受け入れるというシンプルなルール、

 

2人の勝負の行方がめちゃくちゃ気になるところですね。

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!の3話ネタバレ

ここからガイシューイッショク!3話のネタバレになります。

 

前回の2話を読んでない方はこちらから見ることができます>>>

 

屈辱の土下座

会社で1人落ち込む広海

 

社会人になってから初めて遅刻してしまった罪悪感から

 

周囲に伝わるほどネガティブなオーラを漂わせます。

 

上司が慰めようと広海に話し掛けますが、彼のあまりの落ち込みように

 

「ま・・・まぁ、何かあったら相談して」と良い解決策がなかなか思いつきません。

 

そりゃ同居している女の子を見て勃起してしまった、

 

 

なんて同僚に言えるはずもないですよね(笑)

 

 

前回のみちるが提案した感じたら負けの10分バトルで、

 

あっさり敗北してしまった広海

 

彼女を喘がせるどころか、身体に触れることさえ出来なかった屈辱さを

 

翌日もずっと引きずっていたのです。

 

そしてお約束通りの土下座・・・

 

さらには、これまでの自分の恥じるべき行いを一言一句復唱させられ、

 

広海の精神はズタボロな状態です。

 

 

「こんな状況、職場では絶対に言えるわけがない」

 

 

そんな息詰まる広海とは対象的に、

 

バトルに勝ったみちるは、今日も当然のごとくソファで寝転んでいました。

 

まるで俺の存在を消すかのような無防備な彼女の姿を見て、

 

広海はただただ屈辱的な気持ちになってしまいます。

 

どうしようもなく湧き出てくる感情にモヤモヤしながらも、

 

ふと寝ているみちるの姿を見て心を静めます。

 

「何も話さなかったらほんと可愛いのになぁ・・・」

 

そーっとソファで寝ている彼女に布団を掛けてあげようとする広海でしたが、

 

みちるはうなされるようにして起き上がり、

 

広海の言うことに目もくれずバンッ!!と部屋に引きこもってしまいます。

 

漫画家みちるの素顔

何がなんだかさっぱり分からない彼女の行動に苦笑いしながらも

 

広海は昔の自分のことを思い出していました。

 

「俺も昔はあんな感じだったなぁ・・・」

 

どこかお母さん的な目線でみちるのことを考える広海

 

 

どんだけ良い奴なんだよお前は!!笑

 

 

みちるが部屋に引きこもっている間に共同生活のルールを作成する広海。

 

これも彼女を思っての行動からで、洗濯以外のほとんどを広海がこなすという

 

まさにお母さん的ポジションに立つ広海。

 

我ながら納得しながらも、みちるが早く新しい部屋を見つけて出てってくれますようにと

 

願いを込めながら、普段通り仕事に出掛けます。

 

そして数日が経った頃、

 

 

そろそろ共同生活のルールをみちるが守ってくれることだろうと

 

期待しながら帰宅する広海でしたが、

 

状況は何一つ変わっていませんでした・・・

 

一向に部屋から出てくる様子のないみちるに

 

広海はドンッドンッと扉を立てながらみちるを問い詰めます。

 

面倒くさそうに部屋から出てくるみちる

 

 

「なんで俺よりもお前が疲れているんだよ」

 

 

と広海は心の中でつぶやきますが、

 

ずっと部屋に籠もって漫画を描いていたとみちるは弁明します。

 

 

彼女が本当に漫画家なのか、広海は疑いの目をかけながらも

 

共同生活のルールが書かれた紙を見せながら、彼女に確認させます。

 

ところが、

 

この広海の主張に逆ギレしたみちるは、ビリビリビリッと紙を破いてしまいます。

 

またまた理不尽過ぎるみちるの行動と、ビックリして言葉も出ない広海に笑かされました(笑)

 

感じたら負けの10分間バトル再び!

一度勝負に負けている広海はみちるから「負け犬」呼ばわり

 

こんなものを書いてる暇があるなら全部お前がやれ、

 

と彼女に文句を言われてしまいます。

 

それでも譲れない広海は再びみちるに勝負を持ちかけます。

 

広海が勝ったら家事分担、負ければ全て引き受けるという今回の勝負

 

こんな事で勝負を持ちかけて大丈夫なのか広海!?

 

と思ってしまうのですが、

 

「みちるの身体をどこでも触っていいというルールなら」

 

迷うことも無いのかもしれません。

 

というか単に女の子の身体を触りたいだけなのでは??笑

 

前回はみちるの身体に触れることすら出来ずに敗北してしまった広海・・・

 

果たして今回は・・・

 

感想

最初の勝負に負けてしまってから、

 

完全に立場が入れ替わってしまったみちると広海

 

王様(みちる)と家来(広海)のような関係になってしまっていますが、

 

広海のお母さん的な優しさの部分も垣間見ることができて、

 

どこかホッコリさせれるシーンもありました。

 

一方のみちるは相変わらずの余裕ぶりですが、

 

初めて漫画家だという事が分かる場面もありましたね。

 

今度は家事の分担をかけての10分間バトルに発展するわけですが、

 

前回みちるに完全敗北してしまった広海がどう仕掛けていくのか?

 

4話も楽しみな展開です♪

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!1巻4話ネタバレに続きます>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です