ガイシューイッショク!の2話ネタバレと感想【みちるとの同居生活、無防備な彼女に両手を伸ばし・・・】

ガイシューイッショク!

作者:色白好

 

 

こんにちは。

みやっちです。

 

ガイシューイッショク!の1巻2話目になります。

 

 

前回ではみちるとの出会い、

 

そして行くあてもなく広海の部屋を貸してほしいという彼女のお願いから

 

物語は一気に急展開を迎えました。

 

 

2話では同居生活を送ることになった2人の様子が見ることができますが、

 

どんな展開になっているのか楽しみですね♪

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!の2話ネタバレ

ここからガイシューイッショク!2話のネタバレになります。

 

前回の1話を読んでない方はこちらから見ることができます>>>

 

みちるとの共同生活がスタート

みちるに弱みを握られる形で2人の共同生活がスタートしました。

 

ムチムチな可愛い美女と一つ屋根の下で生活するなんて・・・

 

男子からしたらまさに夢のような展開ですが、

 

このみちるちゃんは中々一筋縄にはいかないみたい性格の持ち主です(笑)

 

いつものように仕事を終えて帰宅する広海でしたが、

 

その表情からは精神的にも疲弊し切った様子が伺えます。

 

玄関に入ると目に付く女性(みちる)のサンダル。

 

着替えて風呂に入ろうと洗面所に向かいます。

 

いつも一人で使っていた洗濯機の中にはみちるの着ていた服が入っていました。

 

お風呂用の足ふきマットも湿っています。

 

どうやら先にみちるがお風呂に入っていたようです。

 

カアァッと妄想してしまう広海でしたが、

 

みちるに誤解されてはいけないと

 

風呂の残り湯を抜き始めます。

 

「このお湯に入ったら後で何を言われるか分からない・・・」

 

パッと振り返るとみちるが立っていました。

 

全裸のまま立ちすくんでしまう広海

 

お風呂のフタを閉め忘れたのを確認しに来たみちるは

 

じっと広海の下半身を見つめます。

 

変態扱いされる広海、露わになるみちるの本性

「変態」の一言だけ吐き捨ててみちるは立ち去ります。

 

彼女と同居するようになってから広海はストレスが溜まりまくり。

 

料理もしない、

 

洗濯もしない、

 

挙句の果てには冷蔵庫のモノを勝手に食べていたりと

 

広海の我慢は限界にきていました。

 

それでも作ったご飯を食べている時だけは彼女に癒されてしまう広海

 

その内新しい部屋を見つけてくれるだろう

 

と割り切りながらも彼女との生活を楽しみつつある広海でしたが、

 

またもや洗濯を巡ってバトルが勃発します。

 

「何で私の服だけよけて洗濯してるのよ?」

 

問い詰めるみちるに一緒だと嫌だろうからと、広海は冷静に対処します。

 

しかし、次の瞬間

 

彼女から「痴漢、オッサン」と激しく罵倒する言葉が返ってきます。

 

先ほどとは全く違うみちるの一面に言葉も出ない広海、

 

彼女のためにと思った行動がまさかの裏目に出てしまう事態に。

 

ここは俺の家なのにと言わんばかりに広海は泣きそうになります。

 

これは読んでても切なくなります(笑)

 

感じたら負けの10分バトルが勃発!

リビングでテレビを見ながらくつろぐみちるに、

 

広海はイライラを募らせます。

 

「俺の部屋なのに自分ちのように振る舞いやがって!!」

 

さらにはマッサージして欲しいと要求してくるみちるに

 

広海はついにブチ切れ!!

 

痴漢の疑いをかけれらた電車内での出来事も、疲れていてたまたまだと説明する広海

 

むしろ感じていたのはお前のほうだろう、とみちるを問い詰めていきます。

 

シーンとした中、

 

みちるは怒りながら広海にある提案を持ちかけます。

 

それは10分間みちるの身体をどこでも触ってもいいから

 

喘ぎ声を出させたら広海の勝ち、勃起してしまったらみちるの勝ちという

 

お互い感じたら負けの10分間バトルでした。

 

負けたほうは勝ったほうの言い分を受け入れ、土下座するというシンプルなルール。

 

「あんたなんかに触られたところで私は何も感じない」

 

この言葉に火がついた広海は、男としての後ろめたさを感じながらも

 

彼女を部屋から追い出すためだから、と自分に言い聞かせ

 

作戦を練っていきます。

 

 

どきどき・

 

どきどき・・

 

どきどき・・・

 

心臓の鼓動が高まるのを感じながら「よしっ!!」と覚悟を決めた広海

 

ソファで無抵抗にくつろぐみちるの豊満に実ったバスト目がけてバッと両手を伸ばす!

 

 

感想

一緒に生活する中で少しずつ広海とみちるの距離が近付いていくのかな?

 

と期待していましたが、

 

実際はみちるのわがままさや自由さが強調される展開となりましたね。

 

いつもの生活リズムが完全に乱されてしまってる広海が疲れていく姿に

 

思わず笑ってしまいました。

 

そして、みちるの提案により始まった10分間バトル!!

 

触られても感じないと絶対的な自信を持つ彼女と、

 

早く部屋から追い出したい広海のHなバトルの行方も気になるところ。

 

次の3話も楽しみな展開になってきました♪

 

ガイシューイッショク!

【無料試し読みはこちら】

↓  ↓  ↓

>>>まんが王国

サイト内で「ガイシューイッショク」と検索すると読めます。

※登録無料

 

ガイシューイッショク!1巻3話ネタバレに続きます>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です